読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生とiPhone

部屋を掃除してたら中学生のときに書いてた「なんでも思ったことを書いて良いノート」を発掘しパラパラとめくってみていた昨日よくよく考えたらいま思ってること歌にしちゃってるわーごめんな中学生の時のパーティー!恥ずかしいかもしれないけどこれで良いと思ってるんよ〜〜高校に入って絶対話す鉄板ネタ「なんでこの高校入った?」大体の人たち(私も含め)「一個下のランクに落としたから後半勉強しなかったわ〜」説を個人的に唱えています。私の場合一個下のランクまでは合ってるんですけど普通に勉強してました。身についたかはわからないけど夜中まで勉強したかっただけだと思います。中学生の時の話をするとすれば1年生の最初のテストで「50位以内で携帯をiPhoneに機種変できる」という母との約束で(そん時好きだった人がiPhone持ってたから)見事48位に滑りこみ見事機種変は完了!憧れのLINEが出来るぞ!と思ってたんですがみんなまず携帯持ってなかった。LINEとかそうゆうレベルじゃなかった。アメーバピグ全盛期&ウン万単位の課金者ユーザーだった私はフリック入力を設定から削除しキーボード打ちで好きな人に携帯をiPhoneに機種変をした事をメールで伝えると少し冷たい返信が返ってきたのを覚えています。同い年で持ってるの君だけだったもんね。iPhoneを憎く思ったのはこれが最初です。フリック入力がこんなに主流になると1mmも思っていなかった中学パーティは今だにキーボード打ちでバチバチと画面を叩いています。(設定からどうフリック入力を復活させるかもわかんない)中学生2年生になり4sの上の電源ボタンが埋まり押せなくなりました。それ以外は良い子だったと思います。中学3年の時、テストが終わって家に帰ったら携帯がiPhone5cのピンクになってました。えーーちょーかわいいーと思ったのもつかの間あれってケース本当に売ってない。あのマットな色を活かしたダッサイケースしかないし私の周りに5c持ってる人居なかったし。毎週毎週ヴィレッジヴァンガードにいって5cが入りそうな5sのシリコンカバーをみる常連客になってました。中学生3年の時の私と今の私の違いと言えば年齢、体重くらいでみんなが進学校に行くために勉強してる昼休みにジバニャンのお面を紙で作っては担任の前で妖怪体操を踊るロン毛の中学生でした。一緒に踊ってたのに進学校に行った友達ももう大学受験ですしなんやかんや私も3年生になれましたし時の流れを感じますね!去年までは「19歳からは余生」と友達に語ってたのですがあと1年....一人で出来ることは殆どやっているのであとは2人以上プレイで出来るモードを楽しむだけです。流石にナナでも限界がありますから。

 

5/4超GW真っ只中につくばパークダイナーさんでコピーライブに出ます。コピーなので大森さんか林檎嬢かな?お仕事の休みが取れてたまたま目の前に2000円があれば。是非。

 

今日お昼寝してたら客が0人の夢を見ました。腹括ってるはずなのに起きたら汗びっしょりだったし。向いてないなぁ。

では

バッキバキのiPhone6と17歳と8ヶ月のジュナザパーティーより

(あんまり深く読んで欲しくないから読みづらくしてます)